千葉で葬儀ができるところ

千葉でもしも葬儀をするとなった場合、葬儀をする場所というのはどこがあるのでしょうか?いざ、葬儀をするという時に慌てることのない様、どんな場所があるか、それぞれの特徴を知っておきましょう。

千葉では昔は自宅で葬儀をする家庭が多かったのですが、ここ最近では家が狭くて、会葬者に限りが出てしまうという住宅事情やご近所に迷惑が掛かるなどの理由で自宅でする人はあまりいません。

十分な広さのある家であったり、古くから地元に住んでいてご近所のご理解、ご協力を得られる場合は自宅を選ぶ場合もありますが、今はどこかの会場を借りて葬儀をする傾向にあります。

公営斎場というのは、市区町村が運営する斎場で、特徴としては利用費が安い、火葬場が併設されている所が多いなどがあります。

基本的にはその地域に住んでいる人のための斎場であり、他の地域の住民の場合は価格が高く設定されています。

人気があるのでなかなか予約が取れないこともあります。

民間斎場というのは、寺院や葬儀社が所有している斎場であり、その斎場を利用するためには、葬儀社が指定されることもあります。

特徴としては、公営斎場に比べて価格が高めになりますが、立地条件や施設が整っています。

その他、お寺の本堂、公民館(自治会館)などもあり、それぞれに条件やメリット、デメリットがあります。

千葉に限ることではありませんが、葬儀ができるところというのは、一般的に公営斎場、民間斎場、お寺、公民館(自治会館)、自宅があります。