千葉の葬儀「告別式」について

千葉では一般葬の場合、通夜式の翌日は「告別式」が行われます。

「告別式」とは、葬儀と言われることもありますが、実は葬儀と「告別式」というのは別の意味合いがあります。

葬儀というのは亡くなられた人の魂を家族や親族で成仏を弔うもので、「告別式」というのはその名の通り、故人を取り巻く全ての人たちが最後のお別れをする式のことをいいます。

よって、葬儀と「告別式」を明確にして千葉の一部の地域では、喪主・遺族・親族の焼香で一旦区切り、その後に告別式として一般の会葬者が焼香するという流れになっているところもあります。

最近では葬儀の簡素化が進んでいることもあって、葬儀と「告別式」を合わせ、更に初七日の法要も合わせて行う葬儀が増えています。

葬儀•「告別式」の流れは、遺族•親族集合し、依頼していた人に受付を開始してもらいます。

遺族•親族は入場して着席。

参列者も入場着席をします。

僧侶が入場すると葬儀•「告別式」が開式となります。

僧侶の読経、引導と続き、弔辞拝受と一部弔電拝読をします。

遺族•親族、会葬者の順に焼香を済ませ、僧侶退場となります。

喪主の挨拶で葬儀•「告別式」閉式。

故人と最後のお別れをして、出棺となります。

火葬場へ移動して火葬、お骨あげをして初七日の法要。

精進落としをして、最後、喪主の挨拶で法要が終了となります。

千葉の一般的な葬儀では通夜式の翌日に葬儀•「告別式」が行われ、通夜式同様に焼香をし、閉式後火葬となり、拾骨、初七日法要という流れになります。